妊娠,トラブル

子宮外妊娠

子宮外妊娠とはお腹の中で赤ちゃんが育つことが出来る子宮ではないところで、妊娠してしまうことを言います。

妊娠は、卵巣から排出された卵子(排卵)が卵管で精子と出会い受精卵になり、卵管を通って子宮の内膜にくっつく(着床)事を言います。受精卵は子宮内膜にくっつくとお母さんの体から水分や栄養素を吸収出来て育っていく事が出来ます。

しかし、子宮内膜以外にくっついてしまった場合は育つ環境が整っていないため育つことが出来ません。このように、子宮内膜以外に受精卵がくっついて起きた妊娠を子宮外妊娠と言います。

子宮外妊娠には子宮頚管妊娠、卵巣妊娠、卵管妊娠等あり、卵管妊娠が一番多いです。

原因

子宮へ受精卵を運べないことによって、子宮外妊娠が起こるとされています。その原因として、クラミジアや淋病による卵管の炎症や、卵管上皮の繊毛の働きが悪いことが考えられます。

症状

子宮外妊娠も妊娠初期の症状が現れ、生理が止まる、つわり、胸が張る等の症状が出てきます。子宮外に妊娠した場合は育っていくことが出来ないので、妊娠を維持することができなくなるか、卵管が破裂してしまいます(卵管破裂)。妊娠を維持できなくなると赤ちゃんの細胞が流れてしまい、腹痛と不正出血の症状を引き起こします。卵管破裂はお腹のなかで出血が起こり、激しい痛みを伴うこともあります。

診断

妊娠していること(尿検査)が確認されたら、エコーや超音波検査で胎児の入っている胎嚢が子宮以外で見つかると子宮外妊娠と診断されます。しかし、胎嚢の発育が遅れていると妊娠していることが確認されていても、胎嚢は見つかりません。子宮外妊娠の診断はとても難しいとされています。

治療

治療方法には待機療法・薬物治療・外科的治療の3つがあります。待機療法とは自然に治癒する方法ですが、全体の1割程度です。薬物治療は抗がん剤を使用して妊娠組織を消してしまう方法です。外科的治療は手術(開腹手術・腹腔鏡手術)があり、妊娠組織を摘出します。卵管を残す方法と卵管を切除する方法があります。薬物療法は、卵管が破裂していなくて、胎児が3.5センチ未満であり心臓が動いていない場合選択出来ます。

妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)

妊娠高血圧症候群は、今まで妊娠中毒症と呼ばれてきましたが、2005年日本産婦人科学会により改名されました。中毒症といっても、症状の原因となる毒が存在しないことが大きな理由です。

妊娠高血圧症候群は妊娠20週以降、分娩後12週までに高血圧、または高血圧で尿たんぱくが出た場合で、その症状の原因が妊娠による偶発合併症でないものを言います。妊娠・出産に向けて体の中で準備をしますが、この準備(体の変化)に適応出来ずに体に現れる症状です。

原因

現在の医療では明らかになっていません。出産に備えて血液を凝固しやすくすることも原因と考えられています。症状が出やすいのは妊娠後期ですが、それは赤ちゃんが育ってきて多くの血液を必要とすることで、お母さんの血液量も増えて体の各期間にかかる負担が大きくなるためです。

症状

症状は高血圧・蛋白尿・むくみです。高血圧のために頭痛や目がチカチカするという症状もあります。

重症化すると、お母さんと赤ちゃんの命が危険になります。危険な状態になると、生まれるには早い時期であっても、帝王切開で出産する場合もあります。出産後、お母さんの体に後遺症が残ったり、赤ちゃんに障害が残ることもあります。症状が軽く、自分で普段と変わらないつもりでいても、いつ症状が悪化するかわかりません。自分は気づかなくても赤ちゃんに影響があることもあります。

診断

高血圧、もしくは高血圧で尿たんぱくがある場合に妊娠高血圧症候群と診断されます。

高血圧とは、血圧が最高血圧140mmHg以上、最低血圧90mmHg以上です。尿たんぱくとは体に必要なたんぱく質が尿として出してしまっていることです。検診の際の尿検査でたんぱくが+や++となっていたら要注意です。

むくみは、現在妊娠高血圧症候群の定義には含まれていませんが、2005年に改名されるまでは含まれていました。むくみは現在含まれていませんが、体の不調のサインでもありますので気をつけなくてはなりません。むくみとは細胞に水分が多く溜まってしまっていることです。夕方むくんでいても朝起きてむくみが治っていたら大丈夫ですが、朝になってもむくみが治らないというのは要注意です。

治療

食事療法と安静にすることです。食事は塩分を控え、たんぱく質が多く、低カロリーの食事を心がけましょう。安静にして体を休めますが、精神的ストレスも禁物です。心も体もゆっくりと休ませてあげましょう。

重症化してくると自分で管理するのではなく、入院して食事療法をし、安静に過ごします。さらに重症になると、帝王切開ですぐに出産することになります。

正しい食生活と規則正しい生活、体重の管理で妊娠高血圧症候群は予防できます。自分だけでなく、生まれてくる赤ちゃんのためにも気をつけていきましょう。

逆子

赤ちゃんは羊水の中で動き回っていますが、出産する頃には自然と頭を下にしています。赤ちゃんは頭から産道を通らないと危険なので、頭を下にしていない(逆子)場合は帝王切開での出産になります。逆子とは、頭を上にしている場合や頭が横になっている場合を言います。

原因

逆子になる原因はわかっていません。子宮筋腫や前置胎盤、骨盤が狭いなどの理由で赤ちゃんが頭を下にすることが出来ないことや、お母さんの体の冷え、羊水の量などが原因とされています。

症状

症状はありませんが、胎動を感じる位置が違います。頭を下にしていると上のほうで蹴られる感じがしますが、逆子は下のほうで蹴られる感じを受けます。

診断

赤ちゃんは常に動き回っていますので、27週頃から逆子と診断されます。でもその段階ではまだ直せますので、逆子体操などで直していきましょう。

治療

逆子の直す方法には、体操やお灸があります。逆子体操は、お腹が張りやすい時期なのでお医者さんに相談してから行うようにしてください。お腹が大きくて大変ですが無理のないように続けていきましょう。また、お灸はくるぶしの内側にある三陰交というつぼと、足の小指の爪の外側にあるつぼを刺激します。

  • 月経前症候群(PMS)について
  • 職場へのマナー

  • 基礎体温の基礎知識 | 身体の不調やはかり方・生理など
  • 月経の仕組みについて理解しよう | 異常からわかる病気や痛みの解消方法など
  • 妊娠後の気になること | 期間中の症状や病気・トラブルへの対処法など
  • 入院から出産まで | 準備・赤ちゃんのお世話・トラブルなど
  • マタニティコラム | ダイエット・職場へのマナー・女性の病気や疾病など