出産

出産種類の色々

自然分娩

日本では一般的な出産方法で、薬などを使用しない分娩方法。陣痛が自然に起きて、赤ちゃんが産道を通って生まれてきます。分娩の進み具合によっては、吸引や会陰切開を行う場合もあります。

LDR

陣痛の間も、分娩の時も、出産後休む(回復)時も、自宅のような雰囲気の部屋で行えて、移動がなくママの負担が軽減できます。自宅のような雰囲気でありながら医療器具を備え、安全面にもすぐれています。

自宅分娩

妊婦が健康で、経過も順調であることが条件ですが、自宅で夫や家族に支えられて出産することが出来、赤ちゃんの誕生を家族みんなが迎えることが出来ます。しかし、ママや赤ちゃんに異常が発生した場合にすぐ対処できないというデメリットもあります。

誘発分娩

予定日を過ぎても陣痛が始まらない場合や、お産が長引いたり、破水があった場合に行います。陣痛促進剤を使用して、陣痛を起こす(手助けする)出産方法です。「この日に産みたい」と日にちを希望した場合にも行いますが、うまく陣痛が起きなくて予定通りにならない可能性もあります。

ソフロジー

フランスで生まれた、お産を前向きにとらえて楽しいことを考えながら、リラックスして出産を乗り切る方法です。妊娠中に呼吸法の練習や、イメージトレーニングを行い、出産はすわった姿勢で行いますので、ママの目で赤ちゃんが出てくるところを見られます。

ラマーズ

最も一般的な「ヒッヒッフー」の呼吸法がラマーズ法です。妊娠中に出産の知識や呼吸方法を身につける事で、出産時の不安を取り除く事が出来て、痛みを軽減できるという方法です。日本で最も取り入れられています。

無痛分娩

麻酔を使用するので、ママのストレスがかなり軽減され、赤ちゃんも上手く酸素を供給できます。また、疲労感も少なく、会陰切開をしなくて済む場合が多いので、産後の回復も早いというメリットもあります。

アクティブバース

自分が一番楽な体勢・呼吸法で「自分らしく出産する」という今注目されている出産方法です。座った姿勢や横向きの姿勢、しゃがんだ姿勢など、ママ主体で進められます。病院主体で行われる出産に疑問のある人におすすめです。

水中出産

温水の中で心身ともにリラックス出来、痛みを軽減できます。羊水の中にいた赤ちゃんにとっては抵抗が少ない方法です。しかし、お母さんや赤ちゃんに異常があった場合すぐに対応できないという難点があり、水中出産が出来る病院も多くはありません。

出産施設の色々

総合病院

他の診療科もあるので、妊婦や胎児に異常があった場合でもすぐに対応できます。医療設備や医療技術も高いので、高血圧などのリスクのある妊婦にもおすすめです。医師が多いため、どの先生に出産を担当されるかがわからないというデメリットもあります。

産院(産科専門病院)

産科専門なので、医療技術や医療設備が整っているところが多く、出産方法が選べる産院も多いです。家族で泊まれる病室やゴージャスな病室があったり、マッサージやディナー等のサービスも充実しています。サービスの分、入院費等の高額な病院もあります。

産婦人科診療所

一人の医師が妊娠・出産・産褥を一貫して診てくれます。食事や出産方法に独自性のあるところも増えています。受け入れる人数が少ないため、細かいところまで丁寧に対応してくれます。しかし、緊急時には他の病院に送られることもあります。

助産院

助産師が出産から産褥まで診てくれます。医師がいないため、妊娠の経過が良くない場合や、妊婦や胎児に異常があった場合は別の病院に移ることになります。施設は助産師の自宅であることがほとんどで、家庭的な雰囲気の中で出産できます。

初産と経産の違い

一般的に初産婦の方が経産婦よりお産に時間がかかると言われていますね。陣痛が始まって、初産の場合は陣痛が10分間隔になったら病院に行くのに対し、経産婦は15分間隔で病院に行きます。なぜ、経産婦は出産に時間がかからないのでしょう?

経産婦は産道や子宮口を赤ちゃんが通ったことがありますので、産道も子宮口も広がった経験があり、軟らかくなりやすいので広がりやすいのです。しかし、初産婦は産道や子宮口が開いたことがないので硬く、軟らかくなって開いてくるまでに時間がかかります。その違いで、初産婦のほうが経産婦よりお産に時間がかかるのです。

初産婦でも経産婦でも、予定日が近づいて来ても子宮口が硬くて開いてこない場合は、子宮口を開きやすくする薬を処方されたり、器具を使って子宮口を広げることがあります。

一般的には、経産婦のほうがお産に時間がかからないとされていますが、産道に脂肪がついたり、胎児が大きかったりして、「一人目より二人目のほうが大変だった」という人も少なくありません。出産は十人十色、個人差があります。

  • 月経前症候群(PMS)について
  • 職場へのマナー

  • 基礎体温の基礎知識 | 身体の不調やはかり方・生理など
  • 月経の仕組みについて理解しよう | 異常からわかる病気や痛みの解消方法など
  • 妊娠後の気になること | 期間中の症状や病気・トラブルへの対処法など
  • 入院から出産まで | 準備・赤ちゃんのお世話・トラブルなど
  • マタニティコラム | ダイエット・職場へのマナー・女性の病気や疾病など