出産,トラブル

切迫早産・早産

早産

早産とは妊娠22週〜37週未満で出産することを言います。前置胎盤等で、ママと赤ちゃんに危険がある場合に人工的に早く出産させる人工早産と、絨毛膜羊膜炎等が原因で起こる自然早産があります。出産は人工早産では帝王切開も行われますが、自然早産では自然分娩で行われることが多いです。

胎児は2,500g以下で生まれると低出生体重児とされ、36週に満たない場合はNCIU(新生児集中治療室)で保育されます。高度の医療技術で1,000g〜の赤ちゃんがしっかり育っています。

切迫早産

妊娠22週〜妊娠37週未満に、出産の兆候(陣痛やおしるし等)があった場合で早産になる可能性が高いことを言い、症状も通常の出産の兆候と同様です。つまり、出産にはまだ早い時期に出産しそうになっていることを言います。治療は自宅や入院して安静にすることです。お腹の張りを抑えるために張り止めの薬を投与する場合もあります(正しい使用量では胎児に影響はありません)。

原因がママにある場合、絨毛膜羊膜炎が最も多く、子宮の異常、妊娠中毒症等があります。赤ちゃんが多胎であったり、赤ちゃんの先天異常も原因としてあげられます。

切迫早産と診断されたら、安静にして、そのことを悩まず(ストレスはよくありません)。37週(37週〜正期産です)を目標に安静にして頑張っていきましょう。

難産

難産とは初産婦で30時間以上、経産婦で15時間以上かかる分娩を言います。原因は、赤ちゃんが大きい、産道が狭い、陣痛が弱い等があります。赤ちゃんに原因がある場合、赤ちゃんが大きすぎると難産になる傾向がありましたが、近年では妊娠中の定期健診の超音波検査で赤ちゃんの大きさを予測できますので、大きすぎる場合は27週以降で早く出産する方法をとります。

産道が原因の場合、妊娠中の体重増加によって産道が性膜なってしまって難産となってしまうケースが最も多いです。妊娠中の体重増加が15kg以上の人に難産が多いというデータもあります。

陣痛とは赤ちゃんを外へ押し出すための子宮収縮ですが、その収縮が弱いとなかなか赤ちゃんが外へ出てくることが出来ません。

分娩に時間がかかりすぎると、お母さんの体力の消耗や赤ちゃんへの酸素供給不足につながりますので、陣痛促進剤を使用したり、鉗子分娩や吸引分娩が行われます。また、帝王切開に切り替える場合もあります。

逆子

妊娠中赤ちゃんは羊水の中を動き回っていますので、逆子になっている時期もありますが、妊娠間際には通常頭が下になっています。逆子体操や灸で逆子を治すことが出来ますが、妊娠30週を過ぎても逆子の場合は帝王切開での分娩に切り替えます。逆子であっても、お尻が下になっている状態等、赤ちゃんの状態によっては自然分娩が可能な場合もあります。

なぜ逆子では、自然分娩が出来ないのでしょうか。分娩時に、一番大きな頭から出てこないと、お母さんと赤ちゃんを結ぶ臍の緒が先に出てきてしまいます。胎児は臍の緒から酸素を得ていますので、酸素不足になってしまいとても危険なのです。

逆子になってしまう原因はまだ明確にはわかっていません。しかし、前置胎盤や子宮筋腫、子宮周辺の冷えや緊張が考えられています。

  • 月経前症候群(PMS)について
  • 職場へのマナー

  • 基礎体温の基礎知識 | 身体の不調やはかり方・生理など
  • 月経の仕組みについて理解しよう | 異常からわかる病気や痛みの解消方法など
  • 妊娠後の気になること | 期間中の症状や病気・トラブルへの対処法など
  • 入院から出産まで | 準備・赤ちゃんのお世話・トラブルなど
  • マタニティコラム | ダイエット・職場へのマナー・女性の病気や疾病など