不妊症

どんな状態を不妊症と呼ぶのか

子供を望み、正常で定期的な性生活があるにも関わらず2年以上子供が出来ないことを言います。一般的に2年間では9割の夫婦に子供が出来ていることから定義付けられています。

不妊症の原因

かつては不妊症の原因は女性にあるとされてきましたが、男性の不妊も明らかになりました。どちらの場合も、原因が一つだけでないことが多く、原因究明は簡単なことではありません。

女性が原因の場合

妊娠とは、排卵された卵子が精子と出会って受精卵となり、子宮内膜に着床することを言います。したがって、妊娠するためには排卵が起こらなければなりません。そして、卵子が精子と出会うための通り道、受精卵の通り道がしっかりしていなければなりません。その上、受精卵が着床しなければなりません。全てクリアしなければ妊娠できないので、どこかに障害があると不妊症になってしまいます。

排卵障害

卵子が育たないことや、育った卵子が排卵されないことを言います。ホルモンのバランスの崩れが原因とされていて、不妊症の約4分の1が排卵障害が原因とされています。

卵管障害

卵管は精子と卵子が出会い受精卵となる場です。また、受精卵は卵管を通って子宮へ移動しますので、障害があると受精卵になれず、受精卵になっても子宮に移動できません。

子宮頚管の通過障害

子宮頚管は精子の通り道ですが、障害があると受精することが出来ません。最も多い原因は抗精子抗体で、精子を外から入ってきた異物として殺してしまいます。

着床障害

せっかく受精卵になっても、子宮内膜に着床しなくては妊娠は成立しません。医療の力で着床は行えないので、着床しない原因を究明し、改善していきます。

男性が原因の場合

近年では、不妊症に悩むのは女性だけではなくなりました。男性専門の不妊外来のある泌尿器科も増えてきています。

精子に原因がある

精子の数が少ないだけでなく、元気な精子が少ない、奇形が多い場合も不妊につながります。中には全く精子がない無精子症もあります。

性交障害

射精障害と勃起障害があり、射精障害とは勃起はするのに射精が出来ないことをいいます。勃起障害は、生活習慣病が原因であることが多いです。

不妊症の検査方法と治療方法

検査というだけで、なんだか不安になってしまうもの。気になることがあっても、なかなか病院に行けないでいる人も、検査方法や治療法方を知って、なるべく早めに病院へ行きましょう。

2回目以降の検査

初診で問題が見つからなかった場合、生理のサイクルに合わせて検査を行っていきます。 一般的な検査を紹介します。

超音波検査

膣から超音波によって、子宮や卵巣の様子を調べます。子宮筋腫や子宮内膜の様子、卵巣や卵胞も調べることが出来ます。

ホルモン検査

女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンを調べます。ホルモンのバランスが良くない場合は、ホルモンを増やす治療や排卵誘発剤を使用します。

子宮卵管の造影検査

子宮内に造影剤を入れて、レントゲン写真を撮ります。造影剤を入れる際に、卵管のつまりのある人には痛みを生じることがあります。しかし、卵管の通りが良くなって、妊娠しやすくなる人も多く、治療にもなる検査です。

フーナーテスト

排卵日に合わせて性交をし、それから半日以内に子宮内にどれだけの精子がたどり着いたかを調べます。抗精子抗体や精子がどれだけ進入できているかがわかります。

精液検査

男性の検査で、婦人科でも出来ます。4〜5日射精しない状態で精子を取り、精子の成分を調べます。精子の数や、精子が元気かどうか、奇形率等がわかります。

治療方法

治療は検査の結果によって違います。体に問題があった場合は、その障害を取り除くように治療します。中でも一般的な治療を紹介します。

タイミング療法

検査で特に問題がなかった場合行われる方法です。基礎体温によって、排卵日を割り出し、排卵日に性交します。精子と卵子にも寿命がありますので、タイミングが合わないだけでも妊娠できません。排卵日に性交を行っても、必ず妊娠するわけではありませんので、数ヶ月行う場合が多いです。

排卵誘発剤

排卵に障害がある場合、排卵を促す薬を使用します。最初は漢方薬や比較的軽い排卵誘発剤、ホルモン剤等を使用します。飲み薬では効果が現れない場合、強い排卵誘発剤を注射します。

人工受精

精子を細い管を使って、子宮に直接入れる方法です。元気な精子だけを選別して子宮に入れる方法もあります。夫の精子を使用する配偶者間人工受精と、夫以外の精子提供者の精子を使用する非配偶者間人工受精があります。

体外受精

卵子と精子を採取して、体外で受精させて子宮に戻す方法を言います。しっかり育っている受精卵を子宮に戻すので妊娠率は高いです。しかし、いくつかの受精卵を戻すので、多胎妊娠の可能性があります。戻す受精卵の数を減らすと、妊娠の可能性はそれだけ低くなります。病院の先生としっかり話し合う必要があります。

精子に原因がある場合の治療

精子の数が少なかったり、精子の元気がない場合、漢方薬やホルモン剤の服用を行って、精巣の機能を活性化させることがあります。また、元気な精子を取り出して体外受精させることもあります。元気な精子がほとんどない場合には、精子の核さえあれば、人工的に精子を育てて受精させることも可能です。

  • 月経前症候群(PMS)について
  • 職場へのマナー

  • 基礎体温の基礎知識 | 身体の不調やはかり方・生理など
  • 月経の仕組みについて理解しよう | 異常からわかる病気や痛みの解消方法など
  • 妊娠後の気になること | 期間中の症状や病気・トラブルへの対処法など
  • 入院から出産まで | 準備・赤ちゃんのお世話・トラブルなど
  • マタニティコラム | ダイエット・職場へのマナー・女性の病気や疾病など