女性,病気

鉄欠乏性貧血

貧血の中で一般的なのが鉄欠乏性貧血です。鉄欠乏性貧血とは、体内の鉄分不足によって赤血球内のヘモグロビンが減少し、体内に酸素が運ばれずに酸欠の状態になっていることをいいます。

女性は月経がありますので、鉄分を多く失ってしまいます。そして、鉄分は体内で作られないので、食事で摂取しなければなりません。近年鉄欠乏性貧血の女性が増加傾向にあります。無理なダイエットや、栄養のバランスが取れていない食事が原因と考えられています。鉄分を多く取るように心がけましょう。

低血圧症

低血圧症とは、収縮期(最高)血圧が100mmHg以下であることを言います。症状には、めまい・耳鳴り・手足の冷え・むくみ・だるさ等があります。20〜40才の女性に多くみられます。しかし、血圧が低いからと言って、必ずこのような症状があるわけではありません。

また、高血圧と違って危険性も高くありませんので、特に治療を行わず、低血圧の症状を改善するようにする人がほとんどです。タバコ・アルコールを控える、ストレスをためないようにする、規則正しい生活をする等、自律神経を整える生活を心がけると良いでしょう。

慢性腎不全

腎臓の機能が低下するのが腎不全です。急に機能が低下するのが急性腎不全、数ヶ月〜数年かかって少しずつ症状が進行してくものが慢性腎不全です。慢性腎不全は放っておくとどんどん進行します。慢性腎不全に気づいて治療を始める頃には、完全な機能回復は難しく、進行を遅らせるために食事療法と薬物療法を行います。進行していくと最悪は人工透析や腎臓の移植を受けなくてはなりません。

最も多い原因は慢性腎炎と糖尿病です。初期症状は就寝時の頻尿、倦怠感、口臭、貧血等があります。しかし、自覚症状が出る頃には腎臓の機能が20%ほどになっていることが多くなっています。

膀胱炎

膀胱炎の症状は、頻繁に尿意を感じる(頻尿)、残尿感がある、下腹部の痛み・違和感、悪化してくると排尿時に痛みを感じたり、尿が白くなったり、血が混じったりします。

膀胱炎とは、尿道口から細菌が入ることで感染します。女性は男性に比べ、尿道が短く、尿道が膣や肛門に近いため、尿道から細菌が侵入しやすい状態になっています。健康な人は、侵入してきた細菌に感染せずに活動を抑えることが出来ますが、ストレスや疲労があって免疫が下がっていると感染してしまうのです。膀胱炎の症状は、抗生剤を服用して1週間ほどで菌はほとんどなくなります。(症状は3〜4日で改善されます。)ストレスや疲労をためないこと、尿道に菌が侵入しないように清潔にすることが予防につながります。

慢性関節リウマチ

現在は関節リウマチとも呼ばれています。初期症状には、朝起きた時に手を握ったり開いたり、手・指の動作が思うように出来ないこわばりの症状が見られます。(「朝のこわばり」と呼ばれます。)進行してくると全身のこわばりや、関節が腫れたり、関節の痛みを感じるようになります。さらに悪化すると関節が変形し、関節が動かすことが困難になってきます。他に、食欲がなくなったり、疲れやすくなるという症状もあります。

関節リウマチの原因はまだ明らかになっていませんが、免疫の異状によるものと考えられています。早期発見、早期の治療で悪化させるのを遅らせることが出来ます。女性と男性の比率は4:1で、30〜50歳代に発症することが多いです。

胆石症

胆石症とは、体の中に胆石と言う石が出来る病気です。石が出来るのは主に胆のうや胆管で、胆のうに石ができるものを胆のう結石、胆管にできるものを胆管結石といいます。急性のものでは、激しい腹痛があり、黄疸や発熱を伴うものもあります。悪化すると、消化・吸収に関わっている消化酵素(胆汁)が胆石によって流れなくなり、毒素が体の中にたまってしまい、細菌の感染があるとショック状態になってしまい、命にも関わる病気です。

胆石症は超音波検査によって、9割見つけることが出来ます。治療は胆のうの機能状態や、胆石の大きさや成分によって違ってきますが、薬を飲んで胆石を溶かす方法と、開腹手術・腹腔鏡手術と外科的治療がありますが、胆石溶解療法は1年以上かかります。

  • 月経前症候群(PMS)について
  • 職場へのマナー

  • 基礎体温の基礎知識 | 身体の不調やはかり方・生理など
  • 月経の仕組みについて理解しよう | 異常からわかる病気や痛みの解消方法など
  • 妊娠後の気になること | 期間中の症状や病気・トラブルへの対処法など
  • 入院から出産まで | 準備・赤ちゃんのお世話・トラブルなど
  • マタニティコラム | ダイエット・職場へのマナー・女性の病気や疾病など